覚えておけばいつでも使える電動工具の使い方

電動工具を使えば疲れない

ドライバーでネジを回し続けると手首や指が痛くなります。DIYするなら特に手動で回すドライバーとは別に電動式のものがあると便利です。ビス止めが数十箇所に及ぶ場合、手動のドライバーだと疲労も多く作業進捗も上がりません。そんな時に電動のドリルドライバーがあれば、ネジをいくら回しても疲れずに済みます。工作などのもの作りをする人にとっては、電動工具ほど便利に思えるものはないかもしれません。ドリルドライバーは、どこのホームセンターでも売っている最も購入しやすい電気工具の一つだと言えます。

使い方のコツを身につける

現代では家庭における電動工具の使用も珍しくありません。自宅に電動の工具があるともの作りだけでなく、家具や電気製品の修理にも役立ちます。時には自転車やオートバイなどのメンテナンスに使うこともあるでしょう。小型の電動ドリルは、手首を回さなくてもネジ締めができるので、手が入らない狭い箇所に使うと便利です。電動ドリルにはネジ締め専用もあれば、インパクトドライバーなどの強力タイプもありますので、用途に応じて使い分けることができます。両方揃えておけばいつでも使えるし、電動工具の使い方のコツも身についてくると思います。

正しい使い方をマスターする

工具は重く硬いため床に落としたぐらいでは壊れません。つまり使い方を誤れば、自分自身が大怪我をすることになります。ましてや強力なモーターの回転によって動いている電気工具になると、慎重に使わなければなりません。そのために電動工具には必ずと言っていいほど安全装置が搭載されています。使い方を間違えれば事故になるというリスクもありますので、使用する際は正しい使い方をマスターしてから使うように心がけましょう。

電動工具の買取りサービスでは、人気があるメーカの電動工具であれば、一つ数万円で買取りして貰えることが珍しくありません。