東京や埼玉からであれば安価で行けるスノボツアーもあるので注目してみて!

東京・埼玉は意外と人気スキー場から近い

日本には長野県全域や新潟県の内陸部にたくさんのスキー場があります。そして、長野県や新潟県は積雪量が多くて雪質も極めて良い傾向のため、国内客だけでなく海外客からの人気も急上昇中です。そして名古屋や大阪もしくは西日本地域からだと長野や新潟のスキー場に着くまで時間がかかるものの、首都圏からは高速道路でつながっているため意外とすぐに到着します。ツアー料金が安いほか所要時間もそんなに長くはないので週末や有休休暇を利用して長野や新潟県南東部のスキー場に行ってみませんか?

軽井沢駅そばのスキー場が安い

軽井沢駅南口駅そばのスキー場は新幹線を利用したスノボツアーの行き先として大人気です。しかし、バスと比べて新幹線の運賃は割高でツアー料金もだいぶ高めです。それに対してバスツアーであれば所要時間は約2時間半かかりますが、朝早くに出発すれば10時から17時くらいまで滞在することができます。肝心のツアー料金に関しては、5000円を切って4000円台で済みますので、軽井沢駅そばのスキー場は安さを求める方におすすめです。

新潟県湯沢町駅付近のスキー場に行くと温泉も楽しめる

冬にスノボだけではなく温泉も楽しみたい場合は新潟県南東部の端に広がる新潟県湯沢町のスキー場がおすすめです。こちらの地域は日本有数の豪雪地帯で、軽井沢とは違ってシーズンを通じて天然雪の上を滑れるのが魅力と言えます。さらに、JR越後湯沢駅付近には温泉街が広がっていて日帰り入浴可能な施設が多数存在します。スノボツアーとは、現地での行動は自由なため、早めに滑走を切り上げて温泉で一息ついてから帰りのバスに乗るのも自由です。湯沢町のスキー場に向かう日帰りスノボツアー料金相場は、新幹線ツアーにも安く、5000円から6000円くらいが相場となっています。

夜発のスノボツアーなら学校や会社が終わってから出発することができ、翌朝にはゲレンデに到着するので早い時間からスノーボードを楽しむことができます。